千葉市内での葬式と葬祭ホール - 千葉市における火葬式

千葉市内での葬式と葬祭ホール

subpage01

千葉市で葬式を執り行う場合、一般には公営斎場や葬祭ホールを式場として利用します。
千葉市は政令指定都市で、人口の数だけ葬儀の機会も多いといえますので、公営斎場も50人用、100人用の部屋からなるものが新設されています。

千葉で葬式の珍しい情報をご紹介しています。

もっとも公営斎場はあくまでも場所を貸し出すだけですので、当日の司会進行などの一切は喪主の側で用意しなければならず、公営斎場では特段のサービスをしてくれませんので、この点は特に注意しておかなければなりません。
そこで最初から千葉市内にある民間ベースの葬祭ホールを利用し、あわせて葬式の段取り一式をすべて特定の葬儀社に依頼してしまうのが普通です。



千葉市内にある葬祭ホールのほとんどは、鉄道の駅か高速道路のインターチェンジなどの交通の要衝に近く、遠方から訪れた人にとってもアクセスがしやすいのが特徴です。



駐車場も完備されているため、マイカーで来たとしても安心です。

また葬祭ホールは葬式専用に造られた施設のため、さまざまな設備が整備されているところもポイントといえます。
霊安室や式場、祭壇などはもちろんですが、受付やホール、僧侶や親族の控室などもあります。
通夜の際には通夜振る舞いといって、参列者に対して喪主のほうから飲食を提供することがありますが、そのため大人数を接待するための広い和室や食堂などのスペースがあるのが普通です。さらには通夜の際に遺族が宿泊をするための仮眠室なども用意されています。