肌の弱い方こそ医療脱毛

肌が弱い方は光が弱いから肌に優しいだろうという理由で、エステの光脱毛を選びがちです。

もちろん光がマイルドであるのは事実ですが、光脱毛が行われるのは医療機関ではないという問題があります。
弱い光で肌トラブルなく施術が進めばいいですが、いくら光が弱くても肌の弱さの方が勝って肌トラブルが起こる可能性もあります。医療脱毛は光脱毛よりも光の威力が強いです。
そのため永久脱毛が可能なわけですが、肌へ与えるダメージも大きいです。


こういったことから肌が弱い方は光脱毛を選びがちですが、ここでよく考えてみてください。

医療脱毛は医療機関で医師や看護師などの医療従事者の下で行われます。


つまり肌が弱い方であればその人の肌の状態を医学的見地から判断し、照射が可能かどうか判断できますし、肌状態に合わせて最適な光の強さで照射をしてもらえるのです。



それに万が一肌トラブルがあった際も、医師に迅速に適切な処置をしてもらえるので、傷跡が残ったりすることがまずありません。



こういったことから肌の弱い方こそ、医療脱毛を選ぶべきなのです。

さらに医療脱毛にはもう一つメリットがあります。

それはマシンや光の種類が選べるという点です。



クリニックによっては1つのマシンしかないケースもありますが、比較的大きなところでは複数のマシンを持って使い分けているところが多いです。

毛質や肌質に合わせてマシンを使い分けてもらえるので、肌に優しく効率のよい脱毛が可能なのです。