医療脱毛で可能になる永久脱毛

医療脱毛で使用されるレーザー機器は、出力が高く、医師の管理の下で使用しなければならないことになっています。

それだけ脱毛効果が高い装置です。

医療脱毛は痛みが強いと敬遠する向きもありますが、効果が高いから痛みも強いわけです。



理由があっての痛みであり、永久脱毛効果を得るためには必然のものとも言えます。


レーザー脱毛とは、黒い色に反応して熱を発生させるしくみを利用して行われているものです。



毛には毛周期があり、何割づつかで交代して生え代わっています。


成長期と退行期及び休止期を各毛穴が繰り返していますが、レーザーを照射して効果があるのは成長期の毛だけです。

成長期の毛は毛根にしっかりと根をはっていて、色も黒々としているため、より高い熱が発生して毛根を熱で破壊できます。

この破壊によって、永久脱毛が達成されるわけです。
毛の再生能力はかなり高く、それを奪うことになるので、それなりの痛みは当然あります。

しかし医療機関でおこなわれる施術ですので、万が一肌トラブルが起きた時なども適切な対処がなされます。永久脱毛が達成されるほど毛根にダメージを与えるためには、出力の高いレーザー装置が必要です。

痛みが強くても、永久脱毛という目的を達成するための痛みです。



高い出力ゆえに永久脱毛の達成率は高く、その分、通う回数も少なくて済みます。

自己処理が不要という目的が達成されるまでの期間も、短縮されます。

値段が高く、痛みが強いという理由で敬遠されることもありますが、効率を考えると、医療脱毛がベストな選択でしょう。