千葉で葬式を行うときのしきたりや風習 - 千葉市における火葬式

千葉で葬式を行うときのしきたりや風習

subpage01

千葉には独特の葬式に関するしきたりや風習が残っています。
通常、火葬は葬儀の後で行いますが、一部地域では葬儀の前に火葬を行い前火葬と呼ばれます。

千葉で葬式の情報がてんこ盛りのサイトです。

また、葬儀ではなく通夜の前に火葬を行う地区もあり、このような前火葬では葬式の直後に納骨します。都市部の通夜は夕方から数時間か長くても夜中までで終わりますが、千葉では一晩中お線香やろうそくの火を絶やさないように、故人の近しい親族が寝ずに番をします。

これを夜伽を言い、参列者は夜伽見舞いとして食べ物を差し入れ、親族と故人の思い出を語りながら夜を過ごします。



千葉の葬式に参列すると、会葬のお礼として長寿銭という紅白の紐を通した5円玉を入れたポチ袋を配る地域があります。


ポチ袋には紅白の水引が印刷されており、表に長寿と書かれています。
これは故人にあやかって長生きできるようにと配られるもので、いただいた長寿銭は使わずに大事に自宅で保管しておきます。

また年寄り講や隣組、講と呼ばれる地元の組織がある場所では、この組織がお寺の手配から通夜や葬式の手伝いをしてくれます。

通夜では念仏講も行い故人の親族を助けてくれます。
遺族は葬儀の手伝いをしてくれた年寄り講の方へ、志と表書きされた袋に100円を入れてお礼として配ります。一部地域では縁側の軒下に青竹を横に一本ぶら下げたり、家の入口に青竹でアーチを造り、出棺の際にはその下を通って出ていく風習があります。



青竹で造られたものは冥土への入口の意味で、出棺が終わったらすぐに壊します。

このように千葉では地域や場所により葬式のしきたりや風習が異なるので、あらかじめ遺族や親族にどのような段取りで執り行うのかを確認しておくと戸惑うことがありません。