千葉県のお葬式、他県とは異なるポイントとは - 千葉市における火葬式

千葉県のお葬式、他県とは異なるポイントとは

subpage01

千葉県のお葬式は他県と風習が異なるポイントがあることを知っていますか。


実は地域によってそれぞれお葬式の方法やルールが異なっており、葬儀社もそれらを意識した式を執り行っているのです。

まず千葉県独特の葬式の風習としてあげられるのは、「前火葬」でしょう。

東京を始めとする地域では大抵ご遺体を火葬するのは葬儀のあととなっています。

千葉で葬式の情報が詰まったサイトです。

しかし千葉県の館山市や九十九里町のあたりでは葬儀前にご遺体を火葬することが主流です。

これを「前火葬」といいます。
さらに「長寿銭」という風習もあります。
これは長寿を全うした故人のお葬式の際に近所に配られるもので、5円玉に紅白の紐を通したものをぽち袋に入れて配布します。

ぽち袋には紅白の水引がかけられ長寿、と書かれるのが風習です。長寿にあやかり幸せを得るための風習といわれており、会葬礼状と一緒に配ることがあります。他にも地域によっては青竹の下をくぐらせて出棺させるという決まりがあったり、お通夜の際には寝ずに番をしながら食べ物を持ち寄るという風習が残っています。



千葉県の葬儀社では各地域の風習を把握していますので、地域ごとの風習に応じてお葬式を執り行います。

風習を知らずに千葉の葬儀に来てしまうと、火葬が行われたあとのため顔をあわせることができなかったり、遅い時間まで葬儀があったりするなど驚くことがあります。

そのためあらかじめ地域に応じては風習や気をつけるべきことを事前に確認して参加するのがよいでしょう。