エステの美容脱毛はどうして日焼けはダメなのか

エステサロンの美容脱毛を受ける際に注意が必要なのが日焼けについてです。
どうして美容脱毛では日焼けが厳禁であるのかというと、火傷してしまう可能性が高くなるからです。

エステサロンの光脱毛というのは肌には反応せずに体毛にもが反応するようになっているのですが、体毛と肌をどのように区別しているのかというと色素で区別しているのです。
一般的な日本人の体毛は黒い色をしていますが、これはメラニンという色素を含んでいるためです。

そして、メラニンは何も体毛にだけ含まれている訳では無くて、日焼けした場合には肌にもメラニンが生成されるようになっています。



もし日焼けした状態で美容脱毛を行ったとすると、光を肌のメラニンが吸収して直接肌で熱を発生させるので火傷してしまう可能性が高くなるという訳です。



日焼けは美容にとっても大敵であるために普段から気をつけている方も多いですが、夏場の様な紫外線が強い時期や外に出る機会が多い人は日焼けをしないように注意する必要があります。エステサロンでムダ毛を処理する場合は1年以上かかる事も珍しくはないので、暑くなって薄着になってきた場合は外に出る際は日焼け止めクリームなどでしっかりと対策する事も大切です。

もし日焼けしてしまった場合は日焼けの程度にもよりますが、日焼けが落ちるまでの間はしばらく美容脱毛を受ける事が出来なくなってしまい、契約した際に期限が設けられている場合は期限を過ぎてしまう事も考えられます。