千葉市における火葬式

subpage1

千葉市内にもいろいろな葬儀社がありますので、そのなかから適当なところを選んで、葬式の準備や当日の進行などを依頼するのが普通です。

千葉で葬式ならこちらが人気です。

しかし往々にして料金はかなり高くなってしまうため、遺族のほうの経済的な負担は計り知れません。

特に経済的に厳しく一般的な葬式を用意するだけの資産がないという場合には、葬儀社に相談の上で、火葬式のプランを選択するという手もあります。

このプランは一般のものとは大幅に異なっており、式場で多くの人々の弔問を受け付けて、盛大に執り行うというものではありません。


むしろ家族だけ、あるいは親族だけのごく小規模な集まりにとどめて、しかも火葬のみを中心として組み立てられた葬式といえます。


したがって料金としてもほかのすべてのプランと比較しても最安の水準になっています。



通夜や告別式がなく、自宅から亡くなった人を納めた御棺は直接千葉市内の火葬場へと向かいますので、供養というには物足りないのも実際のところです。そのため多少の車代程度のお金が捻出できるのであれば、僧侶を招いて火葬前に経文を上げてもらうこともあり得ます。



このように火葬式は簡素なことに特徴がありますが、御棺や骨壷、白装束、枕飾り、遺影の写真、白木の位牌、会葬はがきなどの最低限の用品はそろえることができます。


生活保護を千葉市で受けている人は、福祉事務所のケースワーカーに相談して葬祭費を出してもらい、このプランの代金に充当することもできます。


葬儀についての考察

subpage2

千葉市で葬式を執り行う場合、一般には公営斎場や葬祭ホールを式場として利用します。千葉市は政令指定都市で、人口の数だけ葬儀の機会も多いといえますので、公営斎場も50人用、100人用の部屋からなるものが新設されています。...

next

葬儀コラム

subpage3

千葉県や都心部を中心に年々家族葬が多くなっています。その理由として考えられることは、昔のような近所付き合いが少なくなり会社関係の付き合いも表面的になり、親族以外の方を葬儀に呼びたいと思わなくなった方が、多くなっているようです。...

next

葬儀の事柄

subpage4

千葉県のお葬式は他県と風習が異なるポイントがあることを知っていますか。実は地域によってそれぞれお葬式の方法やルールが異なっており、葬儀社もそれらを意識した式を執り行っているのです。...

next

葬儀関係の情報

subpage5

千葉には独特の葬式に関するしきたりや風習が残っています。通常、火葬は葬儀の後で行いますが、一部地域では葬儀の前に火葬を行い前火葬と呼ばれます。...

next